あにこみっ

描かれなかった物語を語ろう
物語をもっと面白く、アニメとコミックの参加型コミュニティ。月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

あにこみっ

『描かれなかった物語を語ろう』
物語をもっと面白く、
アニメとコミックの参加型コミュニティ。
月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

【ワートリ考察】迅の言っていた「最悪の未来」と「修の死」について考察してみた

479

0

【ワートリ考察】迅の言っていた「最悪の未来」と「修の死」について考察してみた

【マンガ】 ワールドトリガー(ワールドトリガー57話)

近界民であるアフトクラトルが攻めてきたときに、本来は市民街に足を踏み入れてはいけない遊真を連れて、迅が修を助けに行くシーンがありました。 修の死自体は最悪の未来と言っている可能性もありますが、もしかしたら別の意味があるのではないかと思ったので考察してみたいと思います。


迅のサイドエフェクトは未来予知

ワールドトリガー57話

元S級隊員の迅ですが、彼はサイドエフェクトで未来を知ることが出来ます。ただ、漠然とすべての未来が見えるわけではなく、回避できるレベルの近い将来の未来が見えるというのです。すべて見えるのならかなり強いサイドエフェクトに感じますが、実際はちょっと先の未来が見える、例えばネイバーが襲撃してくるなどが先にわかる程度です。 アフトクラトルが攻めてきたときに、C級隊員を助けに行った修を追いかけるようにフォローしに行こうとします。それは、「今行かないと最悪の未来につながる」「メガネくんが死ぬ」というものでした。 ただ、ボーダーの仕事は命がけの者が多く、B級隊員の修は緊急脱出も備わっています。あの段階で即死の可能性があるとは思えないのです。ただ、その後本部にアフトクラトルが侵入していることから、 修が緊急脱出状態になる→その後本部で殺されてしまう という道筋が完全にゼロではありません。ただ、それが本当だったとして、修を守ることよりも本部襲撃に備えるとか、もっとやり方はあったはずなんですよね。そういう意味では迅のサイドエフェクトの能力範囲が狭く、対応しきれない・見えたところが修が死んだところだけ、ということなのでしょう。


修が死ぬことが最悪の未来?

ワールドトリガー57話

迅のセリフには少し違和感がありました。「今行かないと最悪の未来になる」「メガネくんが死ぬ」という言い方です。なぜなら、修が死ぬこと自体は最悪の未来ではないからです。酷い言い方をすると、修はトリオンの量も少なく、今後トリオン能力を使って大出世するタイプでもない。しがないB級隊員である男が一人死んだことで「最悪の未来」にはならないのです。 最悪の未来になる、というのは迅がそう感じたのかもしれません。彼も修のことは気に入っているようでしたし、そういう言い方をしたのかなとも思います。 ただ、もう少し考察を深めてみると、「修が死ぬことによって、アフトクラトル大規模侵攻で、人類が最悪の状態になる」という意味を含んでいるのかもしれません。


人類の最悪の未来につながる

修が死ぬことで、遊真や千佳に与える精神的ダメージは大きそうです。例えば、修が死んだことによって遊真が暴走したり、もしくは闘う意思を失ってしまって、戦力が減ってしまうなんてことも考えられるかもしれません。そうなったとき、アフトクラトルの猛攻に耐えられない可能性が出てきて、最悪はボーダー壊滅・・・なんてことも未来としてあり得たかもしれません。 そう意味で「最悪の未来」と称していた方が、個人的にはしっくりきます。もしくは、遊真にとっての最悪の未来という言葉にも取ることが出来ます。どちらにしても、迅が見たのは「修が死ぬ」という未来だけで、それが最悪の未来につながると口にしたのは迅なのです。 その言葉が、「迅にとって最悪なのか」「遊真にとって最悪なのか」「人類にとって最悪なのか」という真意は測りかねますが、個人的には、人類にとって最悪というのがしっくりきました。彼の生きざまは色々な人に影響を与えていますから、そういう意味でも大切な存在なのだなと思います。


コメント

必須
必須

おすすめの質問

回答受付中の質問一覧

おすすめの考察