あにこみっ

描かれなかった物語を語ろう
物語をもっと面白く、アニメとコミックの参加型コミュニティ。月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

あにこみっ

『描かれなかった物語を語ろう』
物語をもっと面白く、
アニメとコミックの参加型コミュニティ。
月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

【呪術115話】宿儺の新技「開(フーガ)」からわかる宿儺の強さを考察!

1016

0

【呪術115話】宿儺の新技「開(フーガ)」からわかる宿儺の強さを考察!

【マンガ】 呪術廻戦(呪術廻戦115話)

呪術115話で、漏瑚VS宿儺の戦いが苛烈!圧倒的な強さを見せる宿儺ですが、新技を出します。「■」「開(フーガ)」と唱えると、炎の技を繰り出そうとしていました。 この「開(フーガ)」というのは、茶見先生の前作で使われたものです。そこから考察すると、宿儺が最強であることがわかります。今回は、宿儺の強さについて考察していきます。


宿儺の強さを考えてみよう

呪術廻戦の世界で最悪の呪霊である宿儺ですが、実際どのくらい強いのかというのがわからないですよね。例えば、すべての指を食らって復活した宿儺と五条が戦ったらどっちが強いのかなど、興味がありますよね。 115話で、「宿儺の術式は切断ではないのか?」と言っているシーンがあります。漏瑚が宿儺の術式を勘違いしていたのは、メカ丸から誤情報が伝わっていたからなのではないかと思っていますが、切断系も使えるし、炎も使えるし、というのが宿儺の強さだと感じます。 また、「呪霊 知らぬはずだ」と言っていることから、宿儺はもともと呪霊とも敵対していた可能性が出てきました。過去に生きていた呪霊と宿儺がどんな関係なのかも気になってきますが、呪霊からも呪術師からも恐れられ、倒すことが出来なくて封印されていたというのが強さの表れでもあります。


「■」「開(フーガ)」とは

宿儺は今まで肉弾戦や、切断・呪力の放出で吹き飛ばすというような演出が多かったものの、今回ようやく術式らしいものを使い始めました。もし炎を錬成してそのまま使っているならいいのですが、その前に気になるセリフを口にしていますよね。 「■」「開(フーガ)」と。 この「開(フーガ)」というのは、もともと茶見先生が描いていたNo.9という作品に出てくるもので、ボックスの中に入れた能力を次々に出していくというものです。もし、その設定が呪術の世界にも使われているのであれば、宿儺は少なくとも複数の術式を使える状態であることがわかります。 もし、宿儺が複数の術式を使える・引き出すことが出来るとなったら、かなり強いと思いませんか?例えば、今回は大地の呪いである漏瑚は炎の術式を使うので、同じように炎の術式を出して見せました。それが水を操る術式であれば、同じように水を出すことが出来るのかもしれません。 同じ術式同士でぶつけるのもそうですが、弱点となる術式をぶつけることで有利に戦うことが出来る・・・となったら、かなり厄介な敵になりますよね。


指が20本ばらばらに保管されていた理由

呪物は同じところに保管されることが多いですが、宿儺の指はバラバラに、1本ずつ保管してありましたよね。もしかしたら、指1本で1つの術式が使える・・・となると、20個の術式を使うことが出来ることになります。 ばらばらに保管してあった理由は、術式が関係していると考えてもいいかもしれません。少なくとも複数の術式が使えることは確定だと考えていいと思うので、今後虎杖も同じように術式が使えるようになるのかもしれないと思うと、戦闘が華やかになるかもしれませんね。


コメント

必須
必須

おすすめの質問

回答受付中の質問一覧

おすすめの考察