あにこみっ

描かれなかった物語を語ろう
物語をもっと面白く、アニメとコミックの参加型コミュニティ。月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

あにこみっ

『描かれなかった物語を語ろう』
物語をもっと面白く、
アニメとコミックの参加型コミュニティ。
月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

超巨大生物に乗っていたのはジンじゃなく実はドンだった!?

278

0

超巨大生物に乗っていたのはジンじゃなく実はドンだった!?

【マンガ】 HUNTER×HUNTER(8巻33話)

暗黒大陸には想像を絶する巨大生物が存在すると考えられており、初登場時ジンが乗っていたドラゴンがあまりにも巨大であるため、その人物がドンである説が浮上。ジンである根拠を突き詰めつつ、ドンである可能性についても考察。


まずはジン登場時の描写を振り返ってみよう!

8巻33話

ジン=フリークスの初登場は第66話、念を身に付けたゴンとキルアがカセットテープに残された彼のメッセージを聞いた際に描かれた、ジンが乗る小さなドラゴン(?)を頭にちょこんと乗せ、超巨大ドラゴン(?)が飛び立つシーンでした。 回想なのかリアルタイムなのかすらわかりませんが、「ボ」と鳴く超巨大生物を操りおそらく文明など存在しない大地に向かって飛び立つ、このシーンを見た当時の読者は「ジンってスゴイハンターなんだ!」、と強く意識したはずです。 かくいう筆者もその1人ですが、暗黒大陸編が始まって以降このシーンで描かれたドラゴンがあまりにも「デカすぎる」ため、乗っていたのはジンではなく「ドンなのでは?」という説が急浮上しました。 というのも、ゾルディック家の門を守っている「ミケ」や、キメラアント編でゼノ・シルバが移動に使用した「翼竜」など、現実世界に存在しない巨大生物も確かに登場しますが、ジン初登場時出てきた小さなドラゴンはともかく、超巨大ドラゴンのデカさは規格外。 縮尺的に小さなドラゴンで少なくとも体長20m以上で、それを頭に乗せ悠々と飛び立った超巨大ドラゴンの体長はおそらく「数百m級」、その昔暗黒大陸に降り立ったネテロたちの第一印象だった、「ここは…デカすぎる…!!」と合致するからです。


V5・協会の依頼でジンが前乗り調査した時の描写か

34巻344話

一方、「ジンじゃなくドン説」を否定する意見も当然多く、その中で最も有力視されているのが、不可侵条約を締結しているV5がカキン国とビヨンドの動きを事前にキャッチし、ハンター協会を通じ秘密裏にジンへ暗黒大陸周辺の調査を依頼した、というものです。 確かに、暗黒大陸寸前の「限界海域周辺」であれば、前述した超巨大生物が生息していても不思議ではありませんし、奇書・新世界紀行や五大災厄の存在など、国際環境許可庁が非公開や非公認としている知識に、なぜか詳しいこともつじつまが合います。 また、故・ネテロは半世紀ほど前に2度暗黒大陸へ足を踏み入れていますが、生まれていないはずのジンがそのことを知っていたのも不思議、ただネテロの暗黒大陸探索が協会の依頼に応じたものなら、ジンへ詳細な情報が提供されてもおかしくありません。 何よりジンは暗黒大陸編の中で、「実は何度も暗黒大陸に行っている」と暴露、このことで第66話で登場した人物は「やっぱりジンだ!」と多くのファンが確信したのですが、「ある仮説」が出てきたことにより、「ジンorドン」論争はいまだに続いているのです。


結局「デカすぎる」生物に乗ってたのはジン?ドン?

前述した「ある仮説」とは、ゴンとジンが実は年の離れた「兄弟」で2人の父親こそドン、つまりカセットテープに残されたメッセージの「声の主」はドンであり、問題のシーンにおける「捕まえてみろよ」は、息子2人に向けたセリフだというもの。 確かに、ジンは一言も父親だと名乗っていませんし、ゴンも「名前で読んだ方がしっくりくる」といった伏線もバッチリ回収できるうえ、主人公でありながら戦線を長期離脱しているゴンが、「本当の父親に会う」という動機で再登場する絶好の切り口になります。 一方、作中でジンの父親は漁に出てから「行方不明」であることが判明しており、もし一般人なら「ドン父親説」は一気に破たんしますが、ジンとゴンの素質を考えると父親も相当な念能力者である可能性大。 以上のことから、筆者が導いて結論は第66話で描かれた人物は「ジンではなくドン」であり、BW号が無事に新大陸へ到着したのちゴンが探索隊に電撃合流、ジンと兄弟そろって暗黒大陸を舞台にワクワクする大冒険活劇を展開してくれると、期待を込めて想像中です。


コメント

必須
必須

おすすめの質問

回答受付中の質問一覧

おすすめの考察