あにこみっ

『伝えて、知って、もっとたのしく。』
まんが考察の投稿なら月間80万来訪の考察コミュニティ「あにこみっ!」

ジークは生きているのか?マーレ軍に戻って一緒に戦闘するのか考察

258

2

ジークは生きているのか?マーレ軍に戻って一緒に戦闘するのか考察

【マンガ】 進撃の巨人(進撃の巨人123話)

123話でエレンが始祖の力を掌握しました。ユミル・フリッツの力を使って、ユミルの民に声を届けたときに地面に突っ伏しているジークがいましたが・・・それがジークの最後の姿になっています。 今回は、ジークが生きているのかを考察してみました!もし生きているなら、調査兵団・マーレ軍と合流して一緒に戦ってくれるのかも考えてみます!


ジークは生きているのか?

進撃の巨人123話

結論から言うと、生きているでしょう。 あのまま死ぬ理由がないですし、このままフェードアウトさせるには核心に関わりすぎている。ジークはエレンと接触後に座標にいっていることから、巨大な始祖エレンの足元にいる可能性が高いです。ハンジやアルミン達は飛行艇を使おうとしているけれど、ちゃんとジークを見つけてくれればいいのですが…。 ジークは獣の巨人の力をまだ持っていますし、飛行艇がエレンに近づいているとわかったら自力で登ってくるということも出来るかもしれません。


地ならしってどうやって止めるの?

進撃の巨人123話

ここでふと思ったのですが、地ならしってどうやって止めるんでしょうか。エレンを説得して、「やっぱり間違っていた。地ならしは止めるよ」という形に持っていくことが出来れば、エレンが始祖の力を使って巨人をUターンさせる。それで解決でしょう。 ただ、ここまでこじれてしまったエレンとの考え方の違いが、少しの話し合いで修復されるとは思えませんし、エレンは自分が地ならしを発動したらアルミン達が止めに来ることは予想していそうです。だからこそ、イェーガー派を作る必要があった。自分を守り、少しでも時間を稼いでくれる優秀な戦闘部員を、調査兵団以外で作ったのです。それはエレン自身が自分を守り、パラディ島を救うという目的のためにやると決めたことでしょうから。もちろん、フロックたちもパラディ島を救いたいという気持ちがあったからで、エレンの考え方が間違っているわけではないんですよね。 そうなると、エレンが改心するのはほぼありえない。 ではどうするのか・・・もう一度、始祖の力を奪うしかないのでは?例えば、アルミンが巨人化してエレンを喰う。そしてジークの力を使ってもう一度ユミル・フリッツに願う・・・しか考えられないですね。そうなると、やはりジークの存在は必要だとわかります。


不戦の契りの問題が発生する

始祖の巨人には不戦の契りが発動してしまうことがわかっています。エレンも座標世界で鎖でつながれていましたから、誰が始祖を継承しても不戦の契りは発動してしまうんでしょう。ジークは鎖を外していますが、根本が安楽死計画なので任せるのはちょっと怖いですし。 エレンが考え直してくれる世界、皆が幸せになる最後を想像するのですが、ことごとく阻まれてしまうので…諌山先生の描く最後を楽しみに待つしかないですね。


コメント一覧

必須
必須
「進撃の巨人」の考察記事一覧はこちら

進撃のリヴァイさんの人気考察一覧

進撃のリヴァイさんの新着考察一覧