あにこみっ

描かれなかった物語を語ろう
物語をもっと面白く、アニメとコミックの参加型コミュニティ。月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

あにこみっ

『描かれなかった物語を語ろう』
物語をもっと面白く、
アニメとコミックの参加型コミュニティ。
月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

【鬼滅205話】最終話で炭治郎と縁壱の関係が明らかになった!?転生説を考察

3840

1

【鬼滅205話】最終話で炭治郎と縁壱の関係が明らかになった!?転生説を考察

【マンガ】 鬼滅の刃(鬼滅の刃 205話)

鬼滅205話で、輪廻転生したキャラクターたちが幸せに暮らしている姿が描かれて今いました。 その中で異質だったのが、炭治郎の転生である「竈門炭彦」というキャラクター。炭彦について考えていくと、炭治郎と縁壱の関係が明らかになったのです!


竈門炭彦の異質さ

鬼滅の刃 205話

竈門炭彦は、見た目炭治郎にそっくりであること、竈門の名前を背負っていることから、炭治郎とカナヲの子孫であることがわかります。善逸の転生である善照が、善逸のひ孫らしいので、炭彦も炭治郎のひ孫なのでしょう。 よく眠っていて、寝坊に気付くと遅刻するからと窓から飛び降りて、壁を伝って下りています。人並み外れた身体能力で学校に登校しています。走っているパトカーも手をついて避けるなど、やはり人間とは思えない動きをしていました。 他のキャラクターが呼吸や鬼狩りの雰囲気を全く出していないにも関わらず、炭彦だけは前世の力が残っているような、そんな描写でした。


驚くべき身体能力は縁壱譲り?

鬼滅の刃 205話

この炭彦と同じ描写を、20巻で読んだ気がしました。縁壱も生まれたときから呼吸が使えて、並外れた身体能力を披露していました。縁壱も炭彦も、それを自慢するのではなく「身体が動くことが当たり前」に生活しているように見えます。 これはあえて描かれたのかなと思うポイントで、炭治郎と縁壱が実際どんな関係だったかについて細かく描かれてはいませんでした。しかし、無惨は炭治郎の姿に縁壱の姿を重ねていたので、「子孫か生まれ変わりなのではないか」と考察していましたが、205話を通して、炭治郎は縁壱の生まれ変わりであるということが確定したように思います。 炭治郎は日の呼吸を使うことが出来ていました。呼吸は身体に合ったものを使うのが普通なので、日の呼吸を習っても使えないパターンも多いのです。しかし、炭治郎は使うことが出来た。そういった点からも、炭治郎は縁壱の転生だったのかもしれません。


炭治郎は縁壱の転生だった!?

炭彦の身体能力の演出は、多少過剰に描かれていました。上記しましたが、なくてもいいシーンです。カナタと一緒に幸せそうに登校してもよかったシーンですよね。ですが、あえて描いたのは、「炭彦は炭治郎の転生である」「炭彦は縁壱の転生である」という2つを描くためだと考えています。 そこから、炭治郎は縁壱の転生キャラだったことを暗に伝えているのでしょう。 縁壱は「始まりの鬼を倒すため」に人よりも丈夫に作られていて、炭治郎はその魂と呼吸を引き継いでいて、「鬼の王になるための素質を持っている」という相反する特別な力を持っているというのがなかなか面白いですよね。 では、炭彦はどんな能力があるのか!?と思ってしまいますね。 青い彼岸花は燃やし尽くされてしまったのですが、実は1株残っていて・・・なんて続編をきたしてしまう自分もいますが、これで本当に最終回のようです。煉獄列伝が始まるようなので、そちらを楽しみに、鬼滅の刃、お疲れ様でいた!次回作を楽しみにしています!


コメント

必須
必須

おすすめの質問

回答受付中の質問一覧

おすすめの考察