あにこみっ

『伝えて、知って、もっとたのしく。』
まんが考察の投稿なら月間80万来訪の考察コミュニティ「あにこみっ!」

新説!リヴァイ兵長はエレン側の人間なのかもしれない!?

555

0

新説!リヴァイ兵長はエレン側の人間なのかもしれない!?

【マンガ】 進撃の巨人(進撃の巨人 126話)

エレンを止めるためにマーレ軍と手を組んでいる調査兵団一味ですが、多くを語らず、戦闘にも参加しないリヴァイにちょっと違和感がありますね。 もしかしたら、リヴァイはエレン側の人間なのかもしれない!という説を考察してみました。


126話での不可解な言葉

進撃の巨人 126話

リヴァイがジークとの戦闘後、雷装の爆風に巻き込まれて瀕死であったため、再登場した時は嬉しかったですね。指や腕などをなくしているとしても、生きているだけで嬉しいと思っていたのですが…。もう一度読み直してみると、気になるセリフを口にしているんです。 126話でエレンが地ならしを行って、ユミルの民に地ならしを行ったことを伝えた後のことが描かれています。そこでリヴァイが口にしたのは「…獣の… クソ…野郎は… どこだ……」でした。 この反応、違和感ないですか? リヴァイはエレンの宣言を聞く前に発していたハンジの言葉も聞こえていたのですから、本来ならジークではなくエレンについて言及するべきなのではないでしょうか。ジークとの戦闘から意識を失っていることを考えても、ジーク以外のことをリヴァイが気にして発言していることがないんですよね。 なんなら、エレンについて言及していない。まるで「地ならしが起きるのを知っていた」ようにも見えるリヴァイの行動…これは、もしかしたらエレンとリヴァイはッ共謀しているのかも?


座標でエレンと接触していた?

進撃の巨人 126話

エレンとリヴァイが協力関係にあると仮定して話を進めていくと、「いつ協力することになったのか」が最大の問題になります。ジークがパラディ島に着いてからは、エレンとジークが勝手に地ならしや他のことをしないように接触を避けていた。リヴァイはジークと一緒に巨大樹の森に隠れていたので、エレンとコミュニケーションを取ることが出来なかったはずです。 では、いつリヴァイはエレンの地ならしを知ったのか。 考えられるのは座標での接触です。ジークとエレンが座標にいる間、リヴァイも意識を失っていました。道は座標につながっているとユミルが座標に達した時のように、瀕死だからこそ座標に来ることが出来て、そこでエレンと接触していたのかもしれません。 アッカーマンは未だに謎な部分が多い一族ですが、ミカサがエレンの演説を聞くことが出来ていたので、少なくともユミルの民であることは間違いありません。ユミルの民なら座標に行くことが出来て、エレンの計画を聞いて賛同することが出来るのです。


エレンがリヴァイに依頼したこととは

エレンを止めなければとハンジが語っていたり、アルミンやコニーが決断しているときも、リヴァイはただ静かにその場を見つめているだけです。話せないわけではないので、自分の想いを語ることが出来る状況にあるはずです。 エレンについて多くを語らないのは、エレン側の人間だから。そして、リヴァイはエレンに何かを依頼されていて、それを達成しようと時を待っているのかもしれません。 何を頼まれたか・・・それはやはり、ジーク討伐でしょう。座標でエレンと接触したリヴァイが、エレン側についていて、ジークを殺すように依頼しているのであれば。目を覚ました時の第一声「…獣の… クソ…野郎は… どこだ……」もしっくりきますね。 エレンの動きも気になりますが、リヴァイの動きも気になります!早く続きが読みたいですね!


コメント一覧

必須
必須
「進撃の巨人」の考察記事一覧はこちら

進撃のリヴァイさんの人気考察一覧

進撃のリヴァイさんの新着考察一覧