あにこみっ

『伝えて、知って、もっとたのしく。』
だれでも考察とコメントの投稿が可能な、まんが考察コミュニティ「あにこみっ!」あなたも会員登録(無料)で参加してみませんか?

【鬼滅192話】日の呼吸・十三ノ型が判明!思えばあれも伏線だった…?と思うシーンを「繋ぐ」というセリフに注目して考察!

4592

0

【鬼滅192話】日の呼吸・十三ノ型が判明!思えばあれも伏線だった…?と思うシーンを「繋ぐ」というセリフに注目して考察!

【マンガ】 鬼滅の刃(192)

鬼滅192話でヒノカミ神楽の十三ノ型が明らかになりました。「思いを繋ぐ」という言葉がキーワードになっていますが、ここまで明らかになると実は伏線があったことに気付きます。 今回は、ヒノカミ神楽の最後の型の伏線だったところをご紹介します!


十三ノ型が明らかに!

192

鬼滅192話で、とうとう日の呼吸の十三ノ型が明らかになりました。もともと十二ノ型しか知らない炭治郎が焦っていましたが、その十二ノ型を連続して使用して、「つなげる」ことで十三ノ型になるそうです。 すべてつなげていくことで、一つの技になる・・・という途方もないことですが、それが出来ることが炭治郎の一家が繋いできた日の呼吸なんですよね。ここまで思いついていた人はいなかったんじゃないかというほどの衝撃がありましたね。てっきり大技が明かされると思っていたので、驚きました。 十二ノ型を繰り返し出し続けることで、無惨の心臓や脳をすべて破壊しなければいけない。これから炭治郎の戦いが始まります。体力もないですし、毒が回らないか心配です。


実は伏線がたくさんあった!?

192

今回、十三ノ型が明らかになったのですが、キーワードは「繋ぐ」だと思います。技と技を繋ぐということが大きく描かれていますが、よく考えると鬼滅の話って色々なところに「繋ぐ」というセリフが多かったんです。もしかしたら、それもすべて伏線だったのではないかと思って、まとめてみました。 ・「神楽だけは途絶えさせてはいけない」 炭治郎の父親のセリフですが、途絶えさせてしまったら十三ノ型が完成しないので、しっかりとつなげていかなければいけないということが言われています。さらに、炭治郎の父親は何時間も舞い続けていたそうなので、この辺りでも連続で出す必要があるというのは伏線だったのかもしれません。 ・「義勇さんは錆兎から託されたものを繋いでいかないんですか?」 131話で義勇が錆兎を思い出すシーンでも、繋ぐという言葉が使われていますよね。鬼滅のキャラクターたちは死んでいった人たちの気持ちを繋いでいっているという印象があるので、こういったセリフが多いです。 ・「人の想いが不滅であることを証明している」 お館様が無惨と対峙したときに言っていましたが、人の想いは不滅というセリフ。人の想いを繋ぐことが出来るからこそ、繋いでいって不滅になっているという意味です。ここでもやはり、繋ぐという印象がありますよね。 みんなで力を合わせて戦おうという印象を与えながら、実は最後の型の伏線でもあったということですね…。伏線の貼り方がエグイです。


次週は安心して読めるかな…

柱たちの安否が気になりますが、来週は炭治郎が無惨を追い詰めるシーンだと思いますので、少し安心して読めるのではないかと考えています。ただ、炭治郎も言っていましたが無惨を切り刻んだ後、肉片として逃げて行ってしまうので、そこだけは対策を練らないと無惨を討伐するのは難しくなると思います。 その辺りは禰豆子が関係しているのではないかなと思っていますが…。来週も楽しみですね! (というか、今日のジャンプに禰豆子が出ると予想していたのですが、大外れでした。皆で節分しましょう。)


コメント一覧

「鬼滅の刃」の考察記事一覧はこちら

鬼滅の考察さんの他の考察一覧

おすすめの関連記事