あにこみっ

描かれなかった物語を語ろう
物語をもっと面白く、アニメとコミックの参加型コミュニティ。月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

あにこみっ

『描かれなかった物語を語ろう』
物語をもっと面白く、
アニメとコミックの参加型コミュニティ。
月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

錆兎と真菰、強く儚く生きた二人。錆兎がいたら柱の構成も変わってた?

141743

0

錆兎と真菰、強く儚く生きた二人。錆兎がいたら柱の構成も変わってた?

【マンガ】 鬼滅の刃(アニメ4話)

錆兎と真菰。 強く優しく儚く生きた二人は炭次郎と義勇を今も導く存在です。 そして、錆兎の剣技と信念は少年でありながら相当なものでした。きっと、鱗滝も将来を期待していた事でしょう。 もし、錆兎が生きていたら柱の構成が変わっていたほどの剣士になっていたかもしれません。水柱になっていたのか?または違う呼吸の柱になっていたのか?今も惜しまれる存在の錆兎たちについて考察します。


炭次郎の兄弟子であり義勇の親友、錆兎とは

アニメ4話

錆兎と真菰は元水柱:鱗滝佐近次の門下生です。 二人は兄妹ではありませんが、孤児だったところを鱗滝に拾われて一緒に育てられました。 錆兎の宍色の髪と口元の傷跡が特徴です。鱗滝が作った厄除の面(狐のお面)にも同じ所に傷跡が施されてことから、本人にとっても何か思い入れのある傷跡なのかもしれません。 最初に錆兎と出会ったのは冨岡義勇です。 姉を亡くし天涯孤独となった13歳の時に同じ歳の錆兎と鱗滝の下で暮らすことになりました。どちらかと言えば錆兎のほうが活発な少年だったようです。すぐに打ち解け親友になった二人は共に鬼殺隊の最終選別を受けることになりました。 選別の時、錆兎は一人で山の鬼達のほとんどを倒し、義勇をはじめ負傷した仲間たちを助けながら戦いました。誰もが錆兎の選別突破を信じていましたが、鱗滝に恨みを持つ異形の手鬼によってその命を奪われてしましました。 その数年後、同じく最終選別を受けるため鱗滝の下を訪れた炭次郎の前に現れます。当時の姿のままの錆兎と真菰が修行に行き詰った炭次郎を導き救うのでした。


錆兎の剣技と熱い名言

アニメ3話

錆兎の剣技は、やられた炭次郎が興奮気味にこう感想を述べています。 「凄い一撃」「無駄な動きが少しもない」「本当に綺麗」 ですが、はっきり言ってかなり手加減をしていたことは確かでしょう。木刀でしたし。 半年たってようやく炭次郎は錆兎の面を割る事ができましたが、それは錆兎ではなく大きな岩でした。 本気で錆兎が剣を振るう場面はありませんでしたが、炭次郎にも義勇にも稽古をつけていたようですし、もし、錆兎が呼吸を使えば今の義勇以上に流麗な剣技になったことでしょう。 錆兎は強いだけではなく優しさも兼ね備えていました。 その言動には裏表がなく相手を本当に想っている事が感じられます。 名言その1 「男が喚くな見苦しい。どんな苦しみにも黙って耐えろ。お前が男なら、男にうまれたなら」 炭次郎に向けた言葉ですが、錆兎自身きっとどんなに辛い事があっても弱音を吐かずに堪えて生きてきたんだと思います。 名言その2 「負けるかもしれないし勝つかもしれない。ただそこにあるのは一つの真実があるのみ」 錆兎は冷静な目も持っています。きっと自分の戦いに対しても冷静な気持ちで分析しています。 名言その3 「自分が死ねば良かったなんて二度というなよ。もし言ったらお前とはそれまでだ。友達をやめる。」「お前も繋ぐんだ義勇」 姉の死に責任を感じた義勇が、自分が死ねば良かったといった事に対して本気で怒った錆兎の言葉です。そこには親友である義勇が強く生きてほしいという強い思いがありました。


「強きものは弱きものを守る」その姿勢は炎柱:煉獄と同じだった

映画無限列車予告&15巻130話

ここまでの錆兎の言動を振り返って、誰か似ていると感じませんか。 熱さの種類は違いますが、炎柱:煉獄杏寿郎とその言動と信念が似ていると感じます。 二人とも、根底にあった精神は「強気者は弱きものを守り戦う」です。 錆兎は最終選別を共に受けた仲間を、煉獄は無限列車の乗客200人を、だれも死なせることなく守りぬきました。自分の命を懸けて。 もしも、錆兎が生きて最終選別を越え鬼殺隊に入っていたら、間違いなく柱になっていたでしょう。鱗滝門下生として水柱になっていたかもしれませんが、煉獄が継子にしていた可能性もあったのではないかと思われます。同じ熱きものを感じた煉獄が放っておかないでしょう。 錆兎も煉獄も、その存在が心から惜しまれますがきっと今後の回想でもその言葉や生き方で炭治郎や義勇達を導いてくれるはずです。


コメント

必須
必須

おすすめの考察

おすすめの質問

回答受付中の質問一覧