あにこみっ

描かれなかった物語を語ろう
物語をもっと面白く、アニメとコミックの参加型コミュニティ。月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

あにこみっ

『描かれなかった物語を語ろう』
物語をもっと面白く、
アニメとコミックの参加型コミュニティ。
月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

【鬼滅】禰豆子はなぜ鬼になった?青い彼岸花を竈門家が所持していた可能性を考察!

44056

1

【鬼滅】禰豆子はなぜ鬼になった?青い彼岸花を竈門家が所持していた可能性を考察!

【マンガ】 鬼滅の刃(1話)

第一話で鬼となった禰豆子を人間を戻すために炭治郎が戦う物語ですが、そもそも禰豆子や炭治郎が「特別」なことが多いですよね。今回は、二人の境遇と青い彼岸花について考察します。


なぜ禰豆子は鬼になったのか?

null

根本的な話になりますが、なぜ無惨は禰豆子を鬼にしたのか疑問ですよね。 もともと無惨しか人間を鬼にすることは出来ないという話で進んでいましたが、最新話まで読んでいくと上弦の鬼まで人間を鬼にすることが出来るようです。ですが、炭治郎が無惨と初めて遭遇した時、無惨の匂いを知っていたので、炭治郎の家族を襲ったのは無惨であると考えられます。 なぜ無惨は禰豆子を鬼にしたのか? 禰豆子は人を食べない鬼になれたのか? ここが大きな疑問です。家族を鬼にされているのは炭治郎だけでなく、不死川兄弟の母も鬼になって兄弟を食い散らかしていました。同じように、無惨に鬼にされた珠世は自分の意志とは関係なく夫と息子を喰らっています。鬼になる人間は少なくないですが、禰豆子のような特別な存在になった鬼はいません。 話の都合上、禰豆子が特別だったという説も考えられるのですが、炭治郎がヒノカミ神楽という始まりの呼吸を使えたり、透明な世界に入ることが出来るなど、炭治郎自体も特別感があります。184話で炭治郎は死んだといわれましたが、多分生きているでしょうし、死んでいくキャラクターが多い中、竈門兄弟だけ特別感が強すぎる気がします。


炭治郎の走馬灯に出てきた「彼岸花」

42話

なぜ二人が特別なのか。それには「青い彼岸花」が関わっていると考えています。 青い彼岸花とは、無惨が探している太陽を克服するための薬です。無惨が千年かけても情報を得ることが出来ないもので、無惨が鬼を増やしているのは青い彼岸花を探すためなのでしょう。そこまでして見つからない青い彼岸花が、今後物語に大きく関わってくるでしょう。 今回考察したいのは「竈門一族は青い彼岸花を管理していた可能性」です。 そう考える理由はいくつかあります。まず1つは、炭治郎が見ていた走馬灯には家族の姿が写っていましたが、その中に彼岸花が描かれているのです!炭治郎の住んでいた山は雪が降っていてどのような植物が生えているか不明ですが、彼岸花を見ることが出来る環境で生活していたのでしょうか。 だから無惨は竈門一家を襲った。しかし、青い彼岸花の情報を得ることが出来なかったので、一人だけ鬼に変えて「情報を仕入れようとした」可能性が高いです。


竈門家が特別なのは青い彼岸花のせい?

胡蝶しのぶが藤の花の毒を身体に摂取していましたよね。鬼の致死量に至る藤の花の毒を身体に含んでいた。それに似たようなことが竈門一家に起きていたらどうでしょうか。鬼の短所を解決するスーパーアイテムである青い彼岸花を、もしも食事などで食べていたとしたら。禰豆子が鬼になった時に自我を持ち続けていたことや、太陽の光を克服できたことも理由がつきますよね。 この理論で言うと、無惨の毒を身体に受け死亡宣言された炭治郎も、青い彼岸花の効果で復活する可能性もあります。 青い彼岸花がどんな形で明かされるのかが楽しみですね!


コメント

必須
必須

おすすめの考察

おすすめの質問

回答受付中の質問一覧