あにこみっ

描かれなかった物語を語ろう
物語をもっと面白く、アニメとコミックの参加型コミュニティ。月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

あにこみっ

『描かれなかった物語を語ろう』
物語をもっと面白く、
アニメとコミックの参加型コミュニティ。
月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

【鬼滅186話】日の呼吸を「ヒノカミ神楽」と名称を変えて伝承した理由を考察!日の呼吸が最強の呼吸なのか?

134248

0

【鬼滅186話】日の呼吸を「ヒノカミ神楽」と名称を変えて伝承した理由を考察!日の呼吸が最強の呼吸なのか?

【マンガ】 鬼滅の刃(152話)

今回の考察では、ヒノカミ神楽は日の呼吸なのかについて考察します。当たり前だろ!という人もいるかもしれませんが、そう考える根拠などをぜひチェックしてみてください!


ヒノカミ神楽は日の呼吸なのか?

152話

186話のエピソードを見て、縁壱と炭吉にはかなり深い関係があるとわかりました。想像ですが、縁壱は炭吉が暮らしているような穏やかな家庭を求めていて、ついつい足を運んでしまう場所だったのかもしれません。 今回の考察では、ヒノカミ神楽は日の呼吸なのか?について考えていきます。 物語を読んでいれば、ヒノカミ神楽から日の呼吸を身につけたのだから同一の物であると考えるのが自然です。 きちんと根拠もあります。178話で、黒死牟が 「日の呼吸の剣士の型を知る剣士も お前の死後 あの方と私で徹底して殺しつくした」 「それなのになぜお前の呼吸は残っている」 と、言っているのです。 つまり、日の呼吸を誰よりも極めたかった黒死牟から見ても「炭治郎の使っている呼吸は日の呼吸だ」とお墨付きをもらったようなもの。炭治郎が使っているのは紛れもなく始まりの呼吸である日の呼吸なのでしょう。


なぜ名称を変えたのか

113話

ではなぜ、縁壱は鬼殺隊ではなく炭吉に日の呼吸を継承させたのか。 簡単に言えば「殺されないため」だと思います。 日の呼吸を使っているものだけでなく、情報を持っているだけでも無惨に殺されていたようですから、現在の鬼殺隊に日の呼吸を伝授してしまっては悲劇の繰り返しになってしまいます。縁壱は殺された剣士をたくさん見てきたでしょうから、炭治郎の祖先である炭吉にヒノカミ神楽という名前で呼吸法と耳飾りを伝承させた。 というのが基本的な流れだと考えています。縁壱に勝てないから、周りの日の呼吸の使い手から殺すところは卑怯ですし、なんだかんだ煉獄家が日の呼吸に関する記載を持っているという爪の甘さも気になります(笑) ちなみに、53話で胡蝶しのぶが「炎の呼吸を火の呼吸と呼んではならない」「この辺りの呼び方については厳しいのですよ」と発言しています。この発言からも、日の呼吸自体が禁句になっていた可能性もあります。例えば、炎の呼吸を火の呼吸と呼んでしまったら、日の呼吸と勘違いした無惨に殺されてしまう可能性が高まります。厳しく炎の呼吸と呼ばせることで、煉獄家は殺されずに済み、鬼殺隊の一家として生き続けることが出来たのです。 この辺りが、ヒノカミ神楽伝承の秘密でしょう。 無惨が躍起になって殺そうとするくらい、縁壱は強かったんでしょうね。その辺りが187話で明かされるのでしょうか。楽しみです。


日の呼吸が最強なのか?

始まりの呼吸である日の呼吸が最強なのか、他の呼吸は弱いのかということを考察してみます。 そもそも縁壱は生まれつき呼吸が使えていた。才能で得たものを人に教えたときに、うまく馴染まなかったためその人に会った呼吸法を教えるようになった。ということは、縁壱の呼吸法が100と考えると、他の炎や水の呼吸は90~80くらいの精度になっている可能性があります。 ただ、呼吸法だけでその人の強弱は決まらない気がします。呼吸法は人間の身体を鬼と戦えるレベルまで引き上げる者で、筋肉や細胞を活性化させる技術でしかないです。呼吸法はその人にあったものを使うべきだと思うので、日の呼吸が使えるからと言って誰でも最強になれるわけではないということです。 縁壱が強かったのは、透明な世界が見えていることが大きいのではないかと考えています。猗窩座ですら入れなかった至高の領域というものでしょうから、無惨を苦しめるだけの能力があった。そして、自分の身体にあった日の呼吸を使うことが出来たから強かったのではないでしょうか。 縁壱の過去を見ていると、縁壱は無惨を倒すために生まれてきたというのもその通りだと思うので、やはり無惨は炭治郎が首を斬るんでしょう。早く復活して欲しいですね!


コメント

必須
必須

おすすめの質問

回答受付中の質問一覧

おすすめの考察