あにこみっ

描かれなかった物語を語ろう
物語をもっと面白く、アニメとコミックの参加型コミュニティ。月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

あにこみっ

『描かれなかった物語を語ろう』
物語をもっと面白く、
アニメとコミックの参加型コミュニティ。
月間85万人来訪突破!
#質問 #回答 #考察

ロジャーは自分の名前はゴール・D・ロジャーだと知らなかった!?

4540

0

ロジャーは自分の名前はゴール・D・ロジャーだと知らなかった!?

【マンガ】 ONE PIECE(965話)

ロジャーはラフテルに辿り着くまで自分がDということを知らなかったのではないでしょうか。逆にラフテルにはDについての秘密が詰まっており、クローバー博士の言う巨大な王国がDの王国でラフテルだったということに繋がってくるのではないでしょうか!


ロジャーは自分がDの一族だということを知らなかった!?

965話

ワンピース965話はおでんの回想編に突入しており、おでんが白髭の船に乗り込むシーンが書かれており、白髭の登場もあり、かなり濃い内容の回想シーンとなっています。 965話の最後のページにはあのロジャーも登場しており、テンションがあがりましたが、紹介されているロジャーの名前をよく見てみると「ゴールド・ロジャー」となっているのです。 ロジャーは白髭と桜の下で酒を飲んでいる時に自分でゴール・D・ロジャーだ!と言い張っていましたが、964話ではロジャーにDはついていませんでした。 これはロジャー自身がまだ自分がDの一族だということを知らなかったのではないでしょうか。 どうして自分がDということを知ったかというと、恐らくラフテルにたどり着いてからだと思います。 ラフテルにはDについての情報があり、自分がDの一族だということを知ったのでしょう。 白髭とロジャーが桜の下で酒を飲んでいる際にロジャーは白髭に「ラフテルの行き方でも教えようか」といっており、酒を飲んでいるときは既にラフテル到達後だということが分かります。 更にこのときロジャーは白髭に自分はゴール・D・ロジャーだと強く主張していますので、ラフテル到達後自分の本当の名前を知り、誰かに自分の本名が分かったことを早く伝えたかったのではないでしょうか。 酒に酔った勢いで誰にも話さないと決めていましたが、心を許している白鬚にはその話をしてしまったのではないでしょうか! あのなんともない桜の下で酒を飲むシーンがラフテルにDの情報があるという伏線に繋がっていくのではないでしょうか。


ロジャーがラフテルで確認したものとは!?

818話

ロジャーはグランドライン最後の島、ラフテルに到達するまで、自分自身がDの一族ということを知らず、ラフテルで情報を得て自分がDの名前があることを知ったと考えるとラフテルには何があったのでしょうか。 ずばりそこにはラフテル=Dの王国だとすると、Dについての情報が書かれたポーネグリフがあったのだと思います。 ロジャーは空島にあったポーネグリフを書いたとされていますので、ポーネグリフの古代文字を扱えたと思います。 ラフテルにあったポーネグリフには「ゴールド」という苗字は全員Dの持ち主という風に記載されてあったのではないでしょうか。 このポーネグリフを見たことによって「ゴールド」という名前を持つ自分がDの一族だったというのを知ったのだと思います。 しかし、ポーネグリフにはその情報だけが書いてあり、「ゴールド」の苗字はラフテルに辿り着いても何もできない、世界を救う鍵は「モンキー」という苗字だ、というポーネグリフがあったと考えると非常に面白い展開になるのではないでしょうか。 日本や海外でもお墓などには必ず人の名前を刻みますので、ラフテルにあるポーネグリフにもDの持つ苗字がかかれたポーネグリフがあるのではないでしょうか。 ロジャーはそのポーネグリフを読み解き、自分は何もできないと悟り、ラフテルを後にして、次の世代に意思を引き継ぐ決意をしたのではないでしょうか。 ロジャーは生き永らえるより、自主して処刑されることによって大海賊時代を切り開き、自分の意思を継ぐ人物をラフテルに導きたかったのではないでしょうか。 個人的に鍵を握る苗字は「モンキー」「マーシャル」だと思っています!



コメント

必須
必須

おすすめの考察

おすすめの質問

回答受付中の質問一覧